大方の株主総会が終わり、報告に一喜一憂した株主がいると思います。株の購入は電子化されても、優待では手土産に何かもらいたいのが人の常というものです。株主優待は会社によって違い、例えば食品会社ならば、製品の詰め合わせなどがあるようです。大手運送会社と知られるセンノーHDは、株主優待券として送付されています。主な事業は、輸送事業を手掛ける一方で自動車販売や不動産事業にも乗り出しております。平成27年度3月付での売り上げは5424億5千2百万円で、当期純利益は144億5千6百万円となっています。毎年9月末付で1000株以上の所有の株主に向けて、レンタルカーや宿泊、新車購入での割引ができる優待券が送られてきます。
ですが、使いきれずに持て余している株券が必ず存在します。捨てるのはどこかもったいので、買取という形で、売ってしまうのはいかがでしょうか。主なやり方は、余っている優待券の詳細・身分証明書・振込先の明記・連絡先を書留または宅配便で郵送するのが一般的です。この場合、振込手数料は、買取希望者の負担となる形がおおいです。ですが、頼んだところによっては、その分金額が上乗せとなることがあります。申し込みの際、その点を注意しながら検討してみるといいです。ちなみに、振込先に郵便局を指定することができます。
金券ショップのサイトをのぞくと、交通関係の株券の売り買いが活発です。使いきれない優待券を売ることで、ちょっとした小遣い稼ぎができ、使いたい方にとっては安めの価格で購入することが出来ます。お互いに損をすることなく、無駄なく利用できます。ゆえに株主優待は、単に株主に限らずに、余った優待券を他の利用者も使うことができ、恩恵が受けられる代物です。