最近、テレビ、インターネットなどで株主優待が話題になっています。その内容はさまざまで、株主となった企業で有利なサービス、割引が受けられるもの、それとは別に商品やサービスが特典につくものなど、数に限りはありません。
企業側も実施数は増加傾向で、2012年9月末には1,000社以上の企業が株主優待を実施しており、全上場企業の3割が実施している計算となります。
ここまで数が増えてくると、さていったいどこの株主となったらよいのか迷うところですが、選ぶ際の基本は、いかに身近に使えるかどうか。一見、お得に見えるようなものでも、自分の生活の中で使うあてがあまりないもの、使える場所が遠い、機会が少ないでは意味がありませんよね。株には株価の下落というリスクもあることですし、やはり、使う機会が多い優待を厳選したいものです。
そこで検討したいのがイオングループ。今やイオンは、系列のモール、スーパーをはじめとして、全国各地、どこへいっても身近にイオングループのない店はないと言ってもいいくらいです。
そんなイオンも株主優待を実施しています。株式を100株以上所持すると、イオンオーナーズカードが発行されます。このカード、イオングループのスーパー、各種専門店での会計が割引になるのはもちろんですが、映画好きの方には見逃せない特典があります。
なんと、全国各地にあるイオンシネマで、大人の基本料金より最大300円割引になるのです。たかが300円、されど300円。
イオンシネマはイオンモールを中心として、全国各地にあるので、使う機会も多そう。
映画好きな方は、イオンの株主優待を使ってイオンシネマで映画鑑賞。ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。