交通機関の株主優待券は非常に人気の商品です。
鉄道や航空機など、優良な企業からは配当金だけではなく株主優待券も発行されるものです。
旅行やビジネスなど、日々の生活の中で使用・活用するかたにとっては、特に消費に困るものではありませんが、多くの方々がこの株主優待券を金券ショップやオークションにおいて売却し、配当金の一部としている場合が多々存在します。
交通機関の株主優待券は時期によって買取相場が異なりますが、株主総会後に発送されてすぐの時期は若干高くなり、その後市場への供給が過剰になってくると夏休みにかけて値崩れしていきます。
ANA株主優待券やJAL株主優待券、JR東日本、西日本、東海などのJR株主優待券は、どこも同じような相場変動の流れを持っています。
こうした特徴を事前にしっかりと把握して、もっともお得な時期に換金することが最良の手段と言えます。
ANA株主優待券の金券ショップ買い取り相場は、色々なインターネットサイトで把握することができますが、ここ二年間はその価格が急激に悪化して下落しています。
大きな要因は、日本航空JALの再上場による、JAL株主優待券の復活です。
航空機ファンの間では、JALが再生法下でもがき苦しんでいる間、ANA株主優待券にしか頼るところがありませんでした。
2011年頃には、1枚で10000円を超えるような時期もあるなど、ANA株主優待券は非常に人気の高い商品でした。
しかし、燃油サーチャージの廃止やJALの賦活でその様子は一変し、今となっては最も高く売却できる時期でさえも買い取り価格は3000縁にも満たないことが多々発生しています。
ANA株主優待券は時期を選ばずに半額となるお得な商品券です。
大幅に値崩れしている今が活用のチャンスとも言えます。