年齢問わずに企業に投資をする事が増えていますが、その投資に目的として企業が上げた利益の還元が主ですがそれ以外にもある株主だけの特権がかかわっています。
その株主だけの特権が株主優待であり、これは投資先の企業がこれから先も投資してもらえるように投資家にサービスを行っているものです。
その株主優待を目的に投資をする人においては、その株主優待の内容で決めることが多いためどの企業もこぞって良い内容の商品を投資家に選んでもらえるようにすることが主流となっています。
その中で近年投資家において人気となっているのが旅行関連の株であり、その中で航空券を購入することができるJTBなどの株主優待の内容が注目されています。
このJTBは国内外で旅行ができるように航空会社と業務提携してツアーを組んだりまた即座に航空券が必要になったときに航空会社と提携していることで発注できるサービスを行っている企業です。
このJTBの株主優待のサービスは航空会社と同じく国内外に旅行に出かける際に行き先の購入するチケットを割引を行ってくれることで安く乗ることができます。
ここまでは通常の航空会社の内容と酷似しますが、この航空券発注専門のJTBではJTBでの割引には特徴があります。
航空会社の株主優待の場合は航空券購入の際に自社の航空機券を購入する場合に割引が行われるため、その航空機の割引料金と別の航空機会社の割引料金と差額があった場合では株主に損が生まれます。
そこでJTBの株主優待を利用すると先に言った旅行関係の企業は航空会社と業務提携していることよって、その時の航空会社サービス内容を含めて考察しつつ業務提携している航空会社の航空券を購入できます。